社会福祉法人 徳充会

第三の給料

福利厚生について

職員とその家族に

「第三の給料」とも呼ばれる【福利厚生】。職員とその家族に【幸福】と【利益】をもたらし【健康】と【経済が安定】した豊かな生活を手に入れるという意味があります。

徳充会では基本理念の「職員の幸せ」に基づき、法人創設より法定福利厚生(健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険・労災保険等を法人が負担)はもちろん、法人が独自で定める 法定外福利厚生(通勤手当・住宅手当・職員旅行、各種イベント等)の充実に勤めてきました。

近年は職員の皆さまが、定年退職したあと(老後)の生活を支える、お手伝ができればと考え、確定拠出年金(DC)に加入を致しました。
DCタイプとは「企業型」と呼ばれ、定年退職する日まで徳充会が給与とは別に掛金を積立てています。

【その他】 ■レジャー・飲食・宿泊・ショッピング等優待割引 ■ライブ・演劇・コンサート等の先行予約 ■健康生活用品給付 ■マイカー・住宅などの特別資金ローン ■結婚・出産・入学・永年勤続・資格取得祝品進呈 ■入院・高度障害・後遺障害見舞金 ■本人・配偶者弔慰金 ■退職金制度有(勤続1年以上) ■健康支援制度(一部条件あり) ■資格取得支援制度 ■各講習会参加・海外研修補助 ■ヘルスケアサポート ■アドボカシー ■健康診断 ■インフルエンザ予防接種割引 ■制服・ジャケット貸与など。

職員の休日

徳充会では職員のQOL生活全体の豊かさ向上のため、2019年度は「年間休日129日」「有給休暇初年度10日」「5年・10年・15年などの勤続節目にリフレッシュ休暇」「慶弔休暇」「介護休業」「育児休業」など、様々な休日休暇の体制を整えています。

余談ですが、年間休日が少ない法人で働く場合と、年間休日が124日の法人で働く場合、学卒から定年まで働くと仮定し、その差を計算すると、所定休日だけで2年以上の日数になるやもしれません。更に有給休暇やリフレッシュ休暇、細かく言えば夜勤明けからの時間(AM9時半勤務終了で以後の時間は自由)などを組み合わせると…。 「人生の価値」「どのような人生を過ごすか」は、もちろん人それぞれ…。

さて、徳充会の職員は「休日はどう過ごしてる?」「人生を楽しんでます?」ということで、プライベート写真を頂戴したので掲載します♪